研究プロジェクト

学事振興資金による研究補助(研究科枠)

2018年度成果報告書
テーマ「変貌する経済と新たな価値の模索」


2018年度成果報告書を以下に掲載しました。
(参考:2017年度2016年度2015年度2014年度2013年度2012年度)

※執筆者名、論文タイトルをクリックしていただければ別ウィンドウでPDFファイルを参照可能です。
   
   
全文.2018年度 学事振興資金成果論集 『変貌する経済と新たな価値の模索』


日髙 千景 「まえがき」

Ⅰ. Yong-Yi Wang‘The Mediating Effect of Photo-taking Involvement on Photo Sharing and Travel Engagement and Enjoyment’
(小野 晃典プロジェクト)

Ⅱ. 馮昕「紐帯の強さのクチコミ発信の論理性と自信度に及ぼす影響」
(濱岡 豊プロジェクト)

Ⅲ. 徐欣玥‘The Role of Actor Engagement in Experience Value Co-creation’
(髙橋 郁夫プロジェクト)

Ⅳ. 岩澤佳太「コストマネジメントに活用される原価情報の品質―工場内アンケート調査に基づく考察―」
(吉田 栄介プロジェクト)

Ⅴ. 鬼塚雄大「 マネジャー行動に対する業績管理システムの運用の効果」
(横田 絵理プロジェクト)

Ⅵ. 本橋潤子「 従業員の『働きがい』を,倫理マネジメントのあり方から考える」
(佐藤 和プロジェクト)

Ⅶ. 角直紀「個別組織における人事制度の決定要因~QCA(質的比較分析)を用いた制度ロジックの影響分析を中心に~」
(八代 充史プロジェクト)


報告会アブストラクト集









Page Top