ヤスダ クミ
安 田 公 美  教 授

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 東京大学理学部数学科 1992年卒業
      大学院
    • 東京大学大学院数理科学研究科数理科学専攻
    • 1994年 数理科学修士
    • 東京大学大学院数理科学研究科1996年退学
    • 2004年理学博士(大阪大学)
      他の学歴・経歴
    • 1996年〜2005年 九州大学大学院数理学研究院助手
  • 担当科目:微積分機き供だ形代数,確率論基礎,総合教育セミナー,経済数学
  • 専門領域:確率論
  • 研究紹介:非アルキメデス的距離空間である局所体の上の確率解析を研究している。局所体上の確率過程の研究は量子力学,数論などと深く関係しており,特に確率論的手法による関数の解析に興味を持っている。
主要著作・論文
〔論文〕
 1.“Limit theorems for p-adic valued asymmetric semistable laws and processes”, p-Adic Numbers Ultrametric Anal. Appl. 9, 2017年
 2.“On the asymptotic growth rate of the sum of p-adic-valued independent identically distributed random variables”,Arab. J. Math. 3,Issue 4,2014年
 3.“Markov processes on the adeles and Chebyshev function”,Stat. Probab. Lett. 83,2013年
 4.“Dirichlet forms for diffusion in R^2 and jumps on fractals : The regularity problem” (共著),p-adic Numbers, Ultrametric Analysis and Applications 2,2010年
 5.“Markov processes on the adeles and representations of Euler products”,J. Theoret. Prob. 23,2010年
 6.“Semi-stable processes on local fields”,Tohoku Math. J. 58, 2006年
 7.“Capacities associated with Dirichlet space on an infinite extension of a local field” (共著),Forum Math. 17,2005年
 8.“Trace formula on the p-adic upper half-plane”,J. Funct. Anal. 216,2004年
 9.“Trace formula on the p-adics”(共著),Acta. Appl. Math. 71,2002年
 10.“On infinitely divisible distributions on locally compact abelian groups”,J. Theoret. Probab. 13,2000年
所属学会・団体:
 日本数学会
海外歴:
 2000年 マックスプランク数学研究所客員研究員(ドイツ)[Visiting Scholar, Max-Planck Institut für Mathematik, Bonn, Germany.]