ヤシロ アツシ
八 代 充 史  教 授

【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学経済学部 1982年卒業
      大学院
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程
    • 1984年 商学修士号取得
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程
    • 1987年 単位取得退学 1993年 博士(商学)取得
      他の学歴・経歴
    • 1987年〜1996年 日本労働研究機構勤務
  • 研究室:三田研究室420号室(内線23170)
  • E-mail:yashiro@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:産業関係論(I・II)(三田),研究会(三田),専攻演習(三田),産産業経済論(日吉),日本の産業と経営(日吉)
  • 専門領域:人的資源管理論,労働経済学
  • 研究紹介:主として企業内労働市場の理論に依拠しながら,現代日本企業の人的資源管理を実証的に研究しています。これまで行った研究は,ホワイトカラーの異動と昇進,女子労働者の雇用管理,高齢化・定年延長と雇用管理,労働時間短縮,外国人労働者の労務管理など。現在は,人的資源管理の国際比較にも関心を持っています。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『日本的雇用制度はどこへ向かうのか―金融・自動車業界の資本国籍を越えた人材獲得競争』 中央経済社、2017年。
 2.『新しい人事労務管理(第5版)』(共著)有斐閣,2015年。
 3.『新時代の「日本的経営」オーラルヒストリー―雇用多様化論の起源』 (共編著)慶應義塾大学出版会,2015年。
 4.『ライブ講義 はじめての人事管理(第2版)』(共著)泉文堂,2015年。
 5.『人的資源管理論―理論と制度(第2版)』中央経済社,2014年。
〔論文〕
 6.‘Selection and Promotion of Managers in Japanese Companies: Present and Future Perspectives’, Japan Labor Review, Vol.10, No.1, 2013, pp. 25-43.
 7.「管理職への選抜・育成から見た日本的雇用制度」『日本労働研究雑誌』第606号(2011年1月),pp. 20-29。
〔著書〕
 8.『能力主義管理研究会オーラルヒストリー―日本的人事管理の基盤形成』 (共編著)慶應義塾大学出版会,2010年。
 9.『管理職層の人的資源管理─労働市場論的アプローチ』有斐閣,2002年。
 10.『大企業ホワイトカラーのキャリア―異動と昇進の実証分析』日本労働研究機構,1995年。
所属学会・団体:
 日本労務学会,日本労使関係研究協会,異文化経営学会,組織学会,経営行動科学学会
海外歴:
 1993年─1994年,ロンドン・スクール・オブ・エコノミックス(London Schoolof Economics and Political Science)リサーチ・スカラー(Research Scholar),2003年─2004年,オックスフォード大学サイド・ビジネススクール(Said Business School)アカデミック・ビジター(Academic Visitor),2004年〜2005年,ケンブリッジ大学ジャッジ・インスティテュート・オブ・マネジメント(The Judge Institute of Management Studies)アカデミック・ビジター(Academic Visitor)2015年3月─9月,オックスフォード大学セントアントニーズカレッジ 日産研究所(St. Antony's College,Nissan Insitute of Japanese Studies)アカデミックビジター(Academic Visitor),2015年10月,北京日本学研究センター(北京日本学研究中心)国際交流基金派遣教授