画像 ワタナベ ワコウ
渡 部 和 孝  教 授

【Webページ】
【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学経済学部 1995年卒業
      大学院
    • プリンストン大学大学院経済学研究科
    • 1999年 修士号取得
    • プリンストン大学大学院経済学研究科
    • 2003年 Ph. D.(プリンストン大学)
      他の学歴・経歴
    • 1995─2003年 総務省(郵政省)
    • 2003─2005年 大阪大学社会経済研究所講師
    • 2005─2007年 東北大学経済学研究科助教授
  • 研究室:三田研究室542(内線23242)
  • E-mail:wakow@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:理論経済学各論(マクロ・エコノミクス,マネタリー・エコノミクス), 経済学1,経済学2,研究会,計量経済学演習(大学院)
  • 専門領域:銀行行動,応用マクロ経済学
  • 研究紹介:銀行,企業,家計等のミクロ・データを用い,政策的含意,マクロ経済学的含意の導出を目的とした実証研究を行っている。具体的には,金融監督規制の銀行行動への影響,リレーションシップ・バンキングや政府系金融機関の企業金融における役割,家計を取り巻くリスクと貯蓄行動の関係などのテーマについて分析を進めている。
主要著作・論文
〔論文〕
 1.“Prudential Regulation and the “Credit Crunch”: Evidence from Japan,” Journal of Money, Credit and Banking, vol. 39, no. 2-3
 2."Does a Large Loss of Bank Capital Cause Evergreening? Evidence from Japan," Journal of the Japanese and International Economies, vol. 24, no. 1
 3."Bank Size and Lending Relationships in Japan," Journal of the Japanese and International Economies, vol. 22, no. 2(共著)
 4."Information Verifiability, Bank Organization, and Bank Competion: The Benefit of Bank-Borrower Relationships in Japan," Journal of Banking and Finance, vol. 35, no. 4(共著)
 5."Foreign Direct Investment and Regulatory Remedies for Banking Crises: Lessons from Japan," Journal of International Business Studies, vol. 42, no. 7(共著)
 6."Household Saving in Japan," Japanese Economic Review, vol. 52, no. 2(共著)
 7.“Why Do People Save? A Micro-Analysis of Motives for Household Saving in Japan,” Economic Journal, vol. 107, no. 442(共著)
〔著書〕
 8.ダブル・クラッシュ:世界金融危機と連鎖不況の構造,日本経済新聞社
所属学会・団体:
 American Economic Association, American Finance Association,Financial Management Association,日本経済学会,日本ファイナンス学会,日本金融学会
海外歴:
 1997年─1999年 プリンストン大学大学院経済学研究科大学院生 2001年─2003年 プリンストン大学大学院経済学研究科大学院生