画像 タキモト カヨコ
瀧 本 佳容子  教 授

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 上智大学外国語学部イスパニア語学科 1989年卒業
      大学院
    • 上智大学大学院文学研究科博士前期課程史学専攻 1991年 史学修士号取得
    • マドリード・コンプルテンセ大学大学院地理歴史学部近代史学科博士課程 1995年 単位取得退学
    • マドリード・コンプルテンセ大学大学院文献学部文献学II(スペイン文献学)科博士課程 2004年 単位取得退学
  • 研究室:日吉来往舎724号室(内線33423)
  • E-mail:t-kayoko@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:スペイン語,総合教育セミナー
  • 専門領域:スペイン文学・文献学
  • 研究紹介:中世後期からルネサンス期にかけてのカスティーリャ語(スペイン語)散文を研究しています。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『スペイン文化事典』丸善,2011年。(共著)
 2.『続・ヨーロッパ世界と旅』(宮崎揚弘編)法政大学出版局,2001年。(共著)
〔論文〕
 3.「フアン2世治世下(1406-54)におけるカスティーリャ語の理論化」『慶應義塾大学日吉紀要 人文科学』第31号,2016年,103-123頁。
 4.「初期ルネサンス期のカスティーリャ語文芸−世俗化と普遍への志向−」『慶應義塾大学日吉紀要 人文科学』第28号,2013年,73-94頁。
 5.「カスティーリャ語の権威化−15世紀のカスティーリャ文学をめぐる試論−」『慶應義塾大学日吉紀要 言語・文化・コミュニケーション』No. 44,2012年,19-34頁。
 6.「レオノール・ロペス・デ・コルドバの『回想録』−ナラティヴ戦略としての矛盾−」『地中海学研究』XXXV,2012年,95-118頁。
 7.“De secretario a cronista real. Fernando de Pulgar, oficial real de la corona de Castilla del siglo XV”,『慶應義塾大学日吉紀要 人文科学』第23 号,2008年,351- 377頁。
 8.“Introducción y desarrollo de las cartas familiares en lengua castellana”, 『慶應義塾大学日吉紀要 人文科学』第22号,2007年,149-166頁。
 9.「インディアスの発見とルネサンス(2)」『慶應義塾大学日吉紀要 人文科学』 第21号,2006年,135-154頁。
〔翻訳〕
 10.R. A. ストラドリング, M. ヴィンセント『図説 世界文化地理大百科 スペイン・ポルトガル』(小林一宏監修)朝倉書店,1999年。
所属学会・団体:
 Asociación Hispánica de Literatura Medieval, 西洋中世学会,地中海学会,日本イスパニヤ学会,スペイン史学会
海外歴:
 1991〜1995年,マドリード・コンプルテンセ大学(スペイン)[Universidad Complutense de Madrid, España](スペイン外務省給費留学生Becaria del Ministerio de Asuntos Exteriores de España)
 2002〜2004年,マドリード・コンプルテンセ大学(スペイン)[Universidad Complutense de Madrid, España]