画像 サノ シンイチロウ
佐 野 真一郎  准教授

【Webページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 獨協大学外国語学部ドイツ語学科 2002年卒業
      大学院
    • 上智大学大学院外国語学研究科言語学専攻
    • 2005年修士(言語学)
    • 2009年博士(言語学)
      他の学歴・経歴
    • 2011-2013年,国際基督教大学教養学部客員准教授
    • 2013-2015年,岡山県立大学デザイン学部准教授
    • 2015年-現在, 慶應義塾大学商学部准教授
    • 2016年-現在,国立国語研究所共同研究員
  • E-mail:s-sano@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:英語,総合教育セミナー
  • 専門領域:言語学(音韻論,コーパス言語学,社会言語学)
  • 研究紹介:言語のバリエーションなど自然発話に見られる身近な言語現象から,世界の言語が持つ共通点・相違点を明らかにすることをテーマとして研究をしています。とりわけ,人間言語に普遍的な音韻的特徴(発音のパターンなど)や,言語と社会的側面との関係に注目しています。近年は,実験・コーパスを利用した数量的分析により,これらの解明に取り組んでいます。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.Rendaku and identity avoidance. In Timothy Vance, and Mark Irwin (eds.), Sequential voicing in Japanese compounds, 47-55. Amsterdam: John Benjamins, 2016(共著)
 2.「コーパスを用いた音韻研究」日本音韻論学会(編)『現代音韻論の動向』180-183. 開拓社,2016年
〔その他〕
 3.『最新英語学・言語学用語辞典』開拓社,2015年(共著)
〔論文〕
 4.Durational contrast in gemination and informativity. Linguistics Vanguard (De Gruyter), 2018
 5.A corpus-based study of singletons and geminates in Japanese: Segmental properties and contextual factors. Japanese/Korean Linguistics 24, Stanford: CSLI Publications, 2018
 6.A corpus-based study of phonological variation: The domain of OCP, and morphological boundaries. Proceedings of the 34th West Coast Conference on Formal Linguistics, ed. Aaron Kaplan et al., 439-446, Somerville, MA: Cascadilla Procedings Project, 2017
 7.Only one [+voice] is enough: The role of the OCP in phonological variation. Proceedings of Sophia University Linguistic Society 31, 18-38, 2017
 8./p/-driven geminate devoicing in Japanese: Corpus and experimental evidence. Journal of Japanese Linguistics (Institute for Japanese Studies, Ohio State University) 32, 57-77, 2017.(共著)
 9.[Review] Patterns and categories in English suffixation and stress placement: A theoretical and quantitative study. English Linguistics 33-1 (日本英語学会), 157-167, 2016
 10.Optimization of the verbal inflectional paradigm by the cyclic application of morphophonological processes: Evidence from potential forms in Japanese. Open Linguistics 1-1 (De Gruyter), 580-595, 2015
所属学会・団体:
 日本言語学会,日本音韻論学会(理事)
海外歴:
 2013年,ラトガース大学客員研究員