画像 オオノ ユカコ
大 野 由香子  准教授

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学商学部 1994年卒業
      大学院
    • 修士課程:ブラウン大学 経済学 1995
    • 博士課程:ブラウン大学 経済学 2001
      他の学歴・経歴
    • 2001年9月−2010年10月 Economist, Federal Reserve Bank of Chicago(シカゴ連邦準備銀行)
    • 2008年9月−2008年12月末 Visiting Economist, Board of Governors of the Federal Reserve System(米国連邦銀行,ワシントン)
    • 2010年3月−2010年6月末 一橋大学訪問研究員
  • E-mail:yono@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:専攻演習S,離散変数計量モデル,都市(空間)経済学
  • 専門領域:応用ミクロ経済学,都市経済学,産業組織論
  • 研究紹介:主に企業の個票データーを用いて企業の内製・外注の意思決定,また,その企業立地との関係について研究してきた。近年は,企業の派遣労働者使用に関する意思決定についても興味をもっている。
主要著作・論文
 1.“Where Do Manufacturing Firms Locate Their Headquarters?” (with J. Vernon Henderson), Journal of Urban Economics, Vol. 63, No. 2, pp. 431- 450, March 2008
 2.Who Are Temporary Nurses?” (with Andrew Goodman-Bacon), Economic Perspectives, Federal Reserve Bank of Chicago, Vol. 31, First Quarter 2007
 3.“Spatial Organization of Firms: The Decision to Split Production and Administration” (with Kristin Aarland, Jim Davis, and J. Vernon Henderson), Rand Journal of Economics, Vol. 38, No. 2, pp. 481- 492, Summer 2007
 4."Market Thickness and Outsourcing Services", Regional Science and Urban Economics, Vol. 37, No. 2, pp.220-238, March, 2007
 5."What Do Census Data Tell Us About Headquarters Locations?", Economic Development Quarterly, Vol. 20, Issue 2, pp. 129-141, 2006
 6.“Outsourcing Business Services and the Role of Central Administrative Offices”, Journal of Urban Economics, Vol. 53, No. 3, pp. 377-395, May, 2003
所属学会・団体:
 日本経済学会, Urban Economics Association, Econometric Society
海外歴:
 1995年―2001年 ブラウン大学博士課程コース
 2001年−2010年 Economist, Federal Reserve Bank of Chicago(シカゴ連邦準備銀行)
 2008年,9月−12月末 Visiting Economist, Board of Governors of the Federal Reserve System(米国連邦銀行,ワシントン)