ナリタ カズノブ
成 田 和 信  教 授

  • 学歴(卒業・学位取得):
      大学院
    • 慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程哲学専攻
    • 1982年修了 文学修士
    • 慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程哲学専攻
    • 1987年 単位取得退学 ミネソタ大学大学院哲学科Ph. Dプログラム 1992年修了
    • 1999年 Ph. D(哲学)取得(ミネソタ大学)
  • 研究室:日吉来往舎647号室(内線33243)
  • E-mail:narita@a8.keio.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:倫理学 哲学倫理学特殊 など
  • 専門領域:現代英語圏の倫理学
  • 研究紹介:1)自由と幸福の研究。 2)行為への動機付けに関する研究。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『責任と自由』勁草書房,2004
〔論文〕
 2.「道具的な実践的要請の根拠」『日本カント研究』第15号 日本カント協会, 2014
 3.「快楽主義の新たな試みと人生満足説」」『倫理学年報』第61集,日本倫理 学会,2012
 4.「快さと楽しさ」『慶應義塾大学日吉紀要・人文科学』第25 号,2010
 5.「道具的実践理性」『慶應義塾大学日吉紀要・人文科学』第15号,2000
 6.「信念と欲求の区別」慶應義塾大学日吉紀要・人文科学』第13号,1998
 7.「動機付けに関する合理主義の批判的検討」『倫理学年報』第46集,日本倫理 学会,1997
 8.「功利主義倫理学とパーソナル・インテグリティ」『哲学』第97集,慶應義塾 大学三田哲学会,1994
 9.「義務による動機付けと感情による動機付け」『倫理学年報』第42集,日本倫 理学会,1993
所属学会・団体:
 日本倫理学会,日本イギリス哲学会,日本哲学会, 日本科学哲学会
海外歴:
 1989─1992年,ミネソタ大学(アメリカ)Ph. Dプログラム(Graduate student, Department of Philosophy, University of Minnesota) 2004─2005年 オックスフォード大学(イギリス)客員研究員(Visiting Scholar, Oxford University)