画像 ナガミ タカシ
永 見   尊  教 授

【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 千葉大学法経学部 1989年卒業
      大学院
    • 早稲田大学大学院商学研究科専攻
    • 1991年 商学修士
    • 早稲田大学大学院商学研究科
    • 1995年 単位取得退学
    • 2009年 商学博士(早稲田大学)
  • 研究室:三田研究室408号室(内線23158)
  • E-mail:nagami@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:会計監査各論,会計監査演習
  • 専門領域:監査論(会計士監査)
  • 研究紹介:未確定事項(特にゴーイング・コンサーン問題)の監査報告,監査人の独立性,SEC会計連続通牒における監査の失敗事例の調査,公正価値監査,監査証拠論。
主要著作・論文
〔論文〕
 1.「公正価値監査における確証バイアス」『會計』2014年
 2.「公正価値監査における質問のパースペクティブと職業的懐疑心」『會計』2015年
 3.「公正価値測定に対する監査の欠陥と監査証拠」『會計』2012年
〔著書〕
 4.『条件付監査意見論』,国元書房, 2011年
 5.「公正価値測定の監査と監査証拠」,『体系現代会計学第7巻』所収,中央経済社,2011年
 6.『現代会計研究』(分担執筆),白桃書房, 2002年
 7.『公認会計士の外見的独立性の測定』(共著),白桃書房, 2001年
 8.『SEC「会計連続通牒」』①巻,③巻,④巻(共著共訳),中央経済社, 1998,2002,2004年
〔論文〕
 9.「わが国のゴーイング・コンサーン規定と追記情報の意義」『會計』2005年
 10.「継続企業の公準と財務諸表の信頼性の保証」『會計』2004年
所属学会・団体:
 日本会計研究学会,日本監査研究学会,American Accounting Association
海外歴:
 2009-2011. Visiting Professor(University of New South Wales)