画像 ミヤモト マリ
宮 本 万 里  専任講師

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 山口大学人文学部人文社会学科 2000年 文学士
      大学院
    • 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科東南アジア地域研究専攻
    • 2006年 研究指導認定退学・修士(地域研究)、2009年 博士(地域研究)
      他の学歴・経歴
    • 国立ブータン研究所客員研究員(2004-05),日本学術振興会特別研究員(2006-08),京都大学東南アジア研究所研究員(2009),北海道大学スラブ研究センター学術研究員(2009-10),人間文化研究機構地域研究推進センター研究員/国立民族学博物館研究員(2011-13),英国アカデミーニュートン国際フェロー/ロンドン大学SOAS南アジア研究所研究員(2014-15)
  • 研究室:日吉来往舎546号室(内線30422)
  • E-mail:miyamoto@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:社会学I,社会学II,総合教育セミナー
  • 専門領域:政治人類学,環境学,南アジア地域研究
  • 研究紹介:南アジア地域,特にヒマラヤ地域における牧畜社会の変容を手がかりに,グローバルな環境政治とナショナルな国民形成,デモクラシーと宗教実践との交錯点を捉え,地域社会における環境主義や政治の民主化がもたらす文化的社会的影響を政治人類学的な視点から考察している。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『現代文明の危機と克服:地域・地球的課題へのアプローチ』(共著)日本地域社会研究所,2014年
 2.『自然保護をめぐる文化の政治―ブータン牧畜民の生活・信仰・環境政策』風響社,2009年
〔論文〕
 3.“Challenges from "Buddhist Environmentalism": Environmental Policies and Pastoralists in a National Park in Bhutan", in Community, Commons and Natural Resources Management in Asia, NYS Press, National University of Singapore, 2015
 4.「現代ブータンの民主化プロジェクト―「政治的なもの」からの距離をめぐって」『現代インド研究』5号,2015年
 5.「現代ブータンにおける屠畜と仏教―殺生戒・肉食・放生からみる「屠畜人」の現在について」『ヒマラヤ学誌』15号,2014年
 6.「チャンからみたブータンの村落社会と国家」『モンスーンアジアのフードと風土』明石書店,2012年
 7.「「仏教王国ブータン」のゆくえ―民主化の中の選挙と仏教僧」『南アジアの文化と社会を読み解く』慶應義塾大学東アジア研究所,2011年
 8.「現代ブータンの環境主義」『科学』81巻6号,2011年
 9.「ブータンの変遷―依存を通じた自立の戦略」『東洋文化』89号,2009年
 10.「森林放牧と牛の屠殺をめぐる文化の政治―現代ブータンの国立公園における環境政策と牧畜民」『南アジア研究』20号,2008年
所属学会・団体:
 日本南アジア学会,日本文化人類学会,ヨーロッパ南アジア学会,イギリス南アジア学会,アメリカ人類学会
海外歴:
 2004年-2005年 Visiting researcher, Centre for Bhutan Studies, Bhutan
 2014年-2016年 Newton International Fellow of British Academy and Royal Society, School of Oriental and African Studies, University of London, UK