画像 キジマ ノブヒコ
木 島 伸 彦  准教授

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 横浜国立大学教育学部心理学科 1990年卒業
      大学院
    • 慶應義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻
    • 1993年 社会学修士号取得
    • 慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程社会学専攻
    • 1996年 単位取得退学
  • 研究室:日吉心理学研究室(内線33764)
  • 担当科目:心理学I・II,人間科学特殊(パーソナリティ心理学l・ll:文学部),人間科学研究会I ・ll・lll・IV(文学部)
  • 専門領域:パーソナリティ心理学,異常心理学,産業・組織心理学
  • 研究紹介:.パーソナリティの形成:パーソナリティ測定に関する基礎研究とパーソナリティ形成における遺伝子と環境要因の影響についての研究。.精神疾患の予防:精神疾患の発症予防,早期治療,疾患回復後の社会復帰に関する研究。.勤労者の精神保健と人事管理:勤労者の精神疾患とメンタル・ヘルスに関する研究及びパーソナリティ理論による人事管理に関する研究。
主要著作・論文
〔論文〕
 1.Association of self-preoccupation and self-reported duration and severity of depressive episodes. Psychological Reports. 2002 90: 861─868.(共著)
 2.Correlates of retrospective early life experience with personality in young Japanese women. Psychological Reports. 2002 91: 263─274.(共著)
 3.Genetic and environmental structure of Cloninger’s temperament and character dimensions. Journal of Personality Disorders. 2004 18: 379─393.(共著)
 4.Is the genetic structure of human personality universal? A cross-cultural twin study from North America, Europe, and Asia. Journal of Personality and Social Psychology. 2006 ; 90: 987─98.(共著)
 5.抑うつとパーソナリティ;北村俊則編.抑うつの現代的諸相 ─心理的・社会的側 面から科学する─,ゆまに書房 2006
所属学会・団体:
 日本心理学会,日本産業・組織心理学会,経営行動科学学会,日本双生児研究学会
海外歴:
 2005年4月〜2007年3月;Washington University in St. Louis School of Medicine