画像 キド カズオ
木 戸 一 夫  教 授

【Webページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 東京工業大学理学部情報科学科 1980年卒業
      大学院
    • 東京工業大学大学院理工学研究科修士課程情報科学専攻
    • 1982年 理工学修士号取得
    • 東京工業大学大学院理工学研究科博士課程情報科学専攻
    • 1985年 理工学博士号取得[東京工業大学]
  • 研究室:三田研究室402号室(内線23152)
  • E-mail:kkido@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:ゲーム理論基礎,ゲーム理論,経済数学基礎理論,研究会
  • 専門領域:補完性の理論,ゲーム理論,非線形関数解析学
  • 研究紹介:最近の関心は,利益の源泉としての補完性の研究である。良いビジネスモデルや社会における仕組みの背後には,必ず,補完性にかかわる構造があると考えている。その構造を視覚化し,操作しやすくすることを目指している。
主要著作・論文
〔論文〕
 1."A Functional Approach to Prove Complementarity," Taiwanese J. Mathematics 15(2011)
 2.「環境変化に依存した周期変動と進化ゲーム」『三田商学研究』52巻(2009)
 3.「間接単調性と痛みなき改革」(共著)『三田商学研究』52巻(2009)
 4.「補完性と階層構造」『三田商学研究』50巻(2007)
 5.「現代企業のスーパーモジュラー分析序説(1)(2)」(共著)『三田商学研究』47巻 (2004)
 6.“Convergence Theorems for lp-Norm Minimizers with Respect to p,” J. Optimization Theory and Applications 125(2005)
 7.“A nonlinear approximation of the nucleolus,” Proceedings of the international conference on nonlinear analysis and convex analysis 2003, Yokohama Publishers(2004)
 8.“Strong convergence of resolvents of monotone operators in Banach spaces,” Proc. Amer. Math. Soc. 103(1988)
 9.“Nonexpansive retractions and nonlinear ergodic theorems in Banach spaces,” (共著)Nonlinear Analysis 12(1988)
 10.“Almost convergence of solutions of nonlinear Volterra equations in Banach spaces,” J. Diff. Eq. 62(1986)
所属学会・団体:
 日本数学会,American Mathematical Society
海外歴:
 2001年─2002年 インディアナ大学数学部門客員研究員(アメリカ)[Visiting Scholar, Department of Mathematics, Indiana University, U.S.A.]