画像 カトウ カズセイ
加 藤 一 誠  教 授

【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 同志社大学 経済学部 1987年卒業
      大学院
    • 同志社大学大学院経済学研究科 博士課程前期 理論経済学専攻
    • 1989年修士(経済学)[同志社大学]
    • 同志社大学大学院経済学研究科 博士課程後期 経済政策専攻
    • 2002年博士(経済学)[同志社大学]
  • 研究室:三田研究室401号室(内線23151)
  • E-mail:kato@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:交通政策I,研究会,専攻演習(以上学部)交通・公共政策演習,交通・公共政策特論,交通公共政策特殊演習(以上大学院)
  • 専門領域:交通経済(特に,空港,航空,道路)
  • 研究紹介:交通インフラの資金調達に強い関心をもっております。とりわけ,アメリカの空港や有料道路の運営を効率的にさせるしくみでもある債券格付けを中心にペーパーを書いています。また,現実の政策では地域を生かす空港のあり方を考えています。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『空港経営と地域―航空・空港政策のフロンティア―』(共編著),成山堂書店,2014年
 2.『交通インフラ・ファイナンス』(日本交通政策研究会双書 27)(共編著),成山堂書店,2014年
 3.『現代アメリカ経済論』(シリーズ・現代の世界経済)(共編著)ミネルヴァ書房,2012年
 4.『航空の経済学』(共編著)ミネルヴァ書房,2006年
 5.『交通の産業連関分析』(日本交通政策研究会双書21)(共著)日本評論社,2006年
 6.『アメリカにおける道路整備と地域開発―アパラチアの事例から』古今書院,2002年
 7.『インターモーダリズム』(日本交通政策研究会双書14)(共著)勁草書房,1999年
〔論文〕
 8.“Current Accounts of Japanese Airports” Journal of Air Transport Management(共著) 17, 2011
 9.「アメリカにおける1980年代以降の連邦道路補助制度の評価」『高速道路と自動車』第52巻第7号,2011年
 10.「アメリカにおける空港債の格付けの決定要因」(共著)『公益事業研究』第60巻第2号,2008年
所属学会・団体:
 日本交通学会,近畿都市学会,公益事業学会,日本海運経済学会,航空政策研究会,アメリカ学会等
海外歴:
 1998─99年,ケンタッキー大学アパラチア研究所 客員研究員(アメリカ)
 [Visiting Researcher, University of Kentucky, Appalachian Center, USA]
 2008年,ジョージメーソン大学公共政策大学院 客員研究員(アメリカ)
 [Visiting Scholar, George Mason University, School of Public Policy, USA]