画像 カワゾエ ミオコ
川 添 美央子  准教授

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学法学部政治学科 1994年卒業
      大学院
    • 慶應義塾大学大学院法学研究科 政治学専攻
    • 1996年 修士号取得
    • 慶應義塾大学大学院法学研究科 政治学専攻
    • 2000年 単位取得退学
    • 2006年 博士(法学)(慶應義塾大学)取得
      他の学歴・経歴
    • 2002.4-2013.3 聖学院大学政治経済学部
  • 研究室:日吉来往舎705号室(内線33319)
  • 担当科目:近代思想史,総合教育セミナー,アカデミック・スキルズ
  • 専門領域:西洋政治思想史,17世紀精神史
  • 研究紹介:観念と物質や,精神と身体の関係,世界における神の働き,宇宙の法則などについての理解は,めぐりめぐって政治共同体のイメージにも影響を及ぼします。ホッブズとスピノザを中心とした17世紀のテクストのうちに,哲学と政治思想の連関を読み解いてゆくことを課題としています。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『ホッブズ 人為と自然――自由意志論争から政治思想へ』創文社,2010年
 2.『コミュニティ政策研究の課題』(共著,谷口隆一郎編)三恵社,2010年
〔論文〕
 3.「意志と理性の結託と緊張−−ホッブズ政治思想三部作の比較考察」『政治思想研究』第16号6-30頁,2016年
 4.「ホッブズと慈悲深い神−−Leo Strauss, Hobbes's Critique of Religion and Related Writingsを読む」『政治哲学』17号,2014年
 5.「スピノザにおける感情と社会形成」『慶應義塾大学日吉紀要 社会科学』25号,2014年
 6.「「国家」と「善い国家」−−スピノザはホッブズのアポリアを克服しえたか」『スピノザーナ』13号,2012年
 7.「スピノザと「法の支配」の行方」『聖学院大学論叢』24巻1号89-106頁,2011年
〔翻訳〕
 8.ライプニッツ「自然法の諸要素」『ライプニッツ著作集第II期第2巻 法学・神学・歴史学』52-86頁,工作舎,2016年
〔その他〕
 9.「学会展望:ホッブズ研究の現在――精神史,哲学史」『イギリス哲学研究』第35号150-158頁,2012年
 10.書評:柴田寿子著『リベラル・デモクラシーと神権政治――スピノザからレオ・シュトラウスまで』(東京大学出版会),『スピノザーナ』10号81-85頁,2010年
所属学会・団体:
 イギリス哲学会,政治思想学会,スピノザ協会,慶應法学会,ライプニッツ協会,ピューリタニズム学会
海外歴:
 1991-1992年ロンドン大学(London School of Economics)留学