ジョン ユンチョル
鄭   潤\UTF{6F88}  准教授

【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      大学院
    • 神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程市場科学専攻
    • 2002年 修士
    • 神戸大学経営学研究科博士後期課程市場科学専攻
    • 2005年 商学博士(神戸大学)
      他の学歴・経歴
    • 日本学術振興会外国人特別研究員
  • 研究室:三田研究室419号室(内線23169)
  • E-mail:jeongyc@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:商業学,マーケティング経済学
  • 専門領域:マーケティング,応用ミクロ経済学
  • 研究紹介:水平的に差別化された製品市場における企業間の価格競争,外生的なスイッチングコストの存在が消費者の購買行動と未来に対する予想に与える影響等を,ゲーム理論に基づいた経済モデルで分析し,携帯電話市場等における実態を説明してインプリケーションを構築する研究を行っている。
主要著作・論文
〔論文〕
 1.Yuncheol Jeong and Masayoshi Maruyama, “Pricing Strategies and Firm Profits in Markets with Switching Costs” The Proceedings of the 90th Annual Conference of the Western Economic Association International 2015
 2.Yuncheol Jeong and Masayoshi Maruyama, “Behavior-Based Price Discrimination in Markets with Switching Costs and Staying Costs” The Proceedings of the 10th Biennial Pacific Rim Conference of the Western Economic Association International 2013
 3.Masayoshi Maruyama and Yuncheol Jeong, “Retail Store Choice of Korean Consumers: Empirical Results” The Proceedings of the 12th International Convention of the East Asian Economic Association 2010, Seoul, Korea.
 4.Yuncheol Jeong and Masayoshi Maruyama, “Commitment to a strategy of uniform pricing in a two-period duopoly with switching costs” Journal of Economics, Volume 98, Issue 1(2009), pp. 45─66.
 5.Y. Jeong and M. Maruyama, “Strategic choice of price policy under exogenous switching costs.” Economics Bulletin, vol 12, No 26 pp 1─8, 2008
 6.Y. Jeong and M. Maruyama, “Behavior─Based Price Discrimination and Switchig costs.” The proceedings of the Australia and New zealand Marketing Academy Conference, 2008
 7.鄭潤撤,「価格差別戦略の2期間モデル」,三田商学研究,2008
 8.鄭潤撒,「通信市場の競争分析」,三田商学研究,2007
 9.Y. Jeong and M. Maruyama, “Whether or Not to Price Discriminate in a Duopoly with Switching Costs”, The Proceedings of the 33rd Annual Conference of the European Association for Research in Industrial Economics(EARIE)2006,(The University of Amsterdam)
 10.「スイッチングコストと価格競争」『博士論文』神戸大学経営学研究科,2005年
所属学会・団体:
 日本経済学会,日本商業学会
海外歴:
 Research Scholar in University of Florida (2011-2013)