画像 イシカワ マナブ
石川   学  専任講師

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 東京大学教養学部地域文化研究学科 2003年卒業
      大学院
    • 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻 2005年修士(学術)
    • 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻 2014年博士(学術)[東京大学]
      他の学歴・経歴
    • パリ第7大学大学院文学・芸術・現代思想研究科Master2(2005-06),同博士課程(2006-08),日本学術振興会特別研究員(2011-14),
    • 東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム「多文化共生・統合人間学プログラム」(IHS)特任研究員(2014-15),同特任助教(2015-19)
  • 担当科目:フランス語,総合教育セミナー,外国語演習S(フランス語講読),アカデミック・スキルズ
  • 専門領域:フランス文学,フランス思想
  • 研究紹介:20世紀フランスの作家ジョルジュ・バタイユ(1897-1962年)を対象とした研究を行っています。二大戦間期の文学・思想動向に関心があるほか,より広範な歴史的スパンでの文学と政治の関係,また,文学論が持ちうる政治・社会的なアクチュアリティといった問題を検討したいと考えています。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『ジョルジュ・バタイユ 行動の論理と文学』東京大学出版会,2018年
〔論文〕
 2.「『神話』から『神話の不在』へ—『社会学研究会』(1937-39年)におけるジョルジュ・バタイユ」『Résonances』第10号,2018年
 3.「文学と無力への意志—ジョルジュ・バタイユの第二次世界大戦以後の思索をめぐって」『フランス語フランス文学研究』第109号,2016年
 4.「無とその力—ジャン=ポール・サルトル『新しい神秘家』(1943年)以後のジョルジュ・バタイユ」『Résonances』第9号,2015年「無とその力—ジャン=ポール・サルトル『新しい神秘家』(1943年)以後のジョルジュ・バタイユ」『Résonances』第9号,2015年
 5.「空間から時間へ—ジョルジュ・バタイユのファシズム論をめぐって」『Résonances』第8号,2014年
 6.“Georges Bataille et la littérature du retour”『日本フランス語フランス文学会関東支部論集』第18号,2009年
〔翻訳〕
 7.フィリップ・ビュラン「政治と社会—ファシスト・イタリアとナチス・ドイツにおける権力の諸構造」『叢書 アナール 1929-2010』第V巻,藤原書店,2017年
 8.ドゥニ・オリエ『ジョルジュ・バタイユの反建築 コンコルド広場占拠』(共訳)水声社,2015年
 9.ミシュリーヌ・ボーラン「粉々になった家族—十七世紀人口学の一側面について」『叢書 アナール 1929-2010』第IV巻,藤原書店,2015年
 10.ジャック・ル・ゴフ「中世における教会の時間と商人の時間」『叢書 アナール 1929-2010』第III巻,藤原書店,2013年
所属学会・団体:
 日本フランス語フランス文学会
海外歴:
 2005年−2006年 パリ第7大学大学院 Master 2(フランス) [Master 2, Université Paris 7 - Denis Diderot, France]
  2006年−2008年 パリ第7大学大学院博士課程(フランス) [Doctorant, Université Paris 7 - Denis Diderot, France]