画像 イグチ チエ
井 口 知 栄  准教授

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 英国Richmond College 経済学部 国際経営学科 1995年卒業
      大学院
    • 英国ロンドン大学SOAS(School of Oriental and African Studies)経済学研究科 M.Sc. 1997年修了
    • 英国レディング大学大学院ビジネススクール M.Sc. 1999年修了
    • 英国レディング大学大学院ビジネススクール Ph.D.(International Business)2007年
      他の学歴・経歴
    • 1998年9月-2004年3月 英国Witan International College(Lecturer)
    • 2005年4月-2009年3月 立命館大学経営学部(専任講師,准教授)
    • 2008年9月-2012年3月 タイ王国タマサート大学(MBAコース担当客員教授)
    • 2009年4月-2012年3月 立教大学経営学部(助教)
    • 2012年4月-2013年3月 慶應義塾大学総合政策学部(准教授)
  • 研究室:三田研究室448号室(内線23199)
  • E-mail:iguchi@keio.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:国際経営論,比較経営特論
  • 専門領域:国際経営論,グローバルイノベーション論,東南アジア研究
  • 研究紹介:取り組んでいる研究分野は「多国籍企業のグローバル・イノベーション戦略」です。多国籍企業本社と子会社の企業活動からの視点だけでなく,多国籍企業の子会社がホスト国で研究開発活動を行うことが,多国籍企業の競争優位の源泉にどのようにつながるのか,ホスト国の知識創造活動にいかに貢献できるのか,という点を探究しています。対象としている国はタイ,フィリピン,マレーシア,シンガポール,台湾で,これらのホスト国での多国籍企業とローカル企業のネットワークの種類を明らかにし,多国籍企業のグローバル・イノベーション戦略と知識フローの変遷を探っています。特に近年はフィリピン,タイ,シンガポールにおける,国境を越えた契約(Non-Equity Mode)による知識フローについて研究しています。
主要著作・論文
〔論文〕
 1.“Japanese Foreign Direct Investment in Thailand: Promoting an ‘Interactive’ Institutional Approach”, in M. M. McCarthy (ed), Routledge Handbook of Japanese Foreign Policy, Routledge, forthcoming, 2018 (co-authored).
 2.“International Human Resource Management of Japanese Multinational Corporations: Challenges and Future Directions”, Asian Business and Management, Vol. 15, No.5, pp.1-27, 2016(Co-autored).
 3.“Inter-organizational Linkages, Global Value Chains and National Innovation Systems: Disconnected Realities in the Philippines”, in B. Lambregts, N. Beerepoot and R.C. Kloosterman (eds), The Local Impact of Globalization in South and Southeast Asia: Offshore Business Processes in Services Industries, Routledge, pp.60-76, 2015.
 4.“Global Innovation and R&D for Knowledge Creation: The Case of P&G, Unilever and Kao”, in C. Alvstam, H. Dolles, and P. Ström (eds), Asian Inward and Outward FDI: New Challenges in the Global Economy, Basingstoke, Palgrave, pp.65-86, 2014 (co-authored).
 5.“Globalization of R&D by TNC subsidiaries: the Case of South East Asian Countries”, Asian Business and Management, Vol. 11, No.1, pp.79-100, 2012.
 6.“Foreign Direct Investment, Knowledge Assets and the Economic Geography of Growth in the Asian BRIICS Countries”, in R. Stimson, R. R. Stough, & P. Nijkamp (Eds.), Endogenous Regional Development: Perspecitives, Measurement and Empirical Investigaiton, Cheltenham, Edward Elgar Publishing, pp.160-181, 2010 (co-authored).
 7.“Determinants of Backward Linkages: The Case of TNC Subsidiaries in Malaysia”, Asian Business and Management, 2008, Vol. 7, No. 1, pp.53-73, 2008.
〔著書〕
 8.「グローバル化と多国籍企業」『国際人的資源管理』中央経済社, pp26-44, 2016.
 9.「戦略的知識創造の国際的メカニズムとダイナミック・ケイパビリティ」『多国籍企業とグローバルビジネス』税務経理協会, pp.133-156, 2012. (共著)
所属学会・団体:
 Academy of International Business(AIB), Euro-Asia Management Studies Association(EAMSA), European International Business Academy(EIBA), The Association of Japanese Business Studies(AJBS), 多国籍企業学会, 国際ビジネス研究学会, 日本経営学会, アジア経営学会, 工業経営研究学会,ビューティビジネス学会, 異文化経営学会,組織学会
海外歴:
 1990年-1997年 Richmond College(UK)BA student, SOAS University of London(UK)MSc student
 1997年-2005年 University of Reading(UK)PhD Candidate
 1998年-2004年 Witan International College(UK) Lecturer
 2001年 マレーシア マラヤ大学 Asia Europe Institute 客員研究員
 2004年-2005年 米国 ラトガースビジネススクール客員研究員
 2008年-2012年 タイ王国 タマサート大学客員教授