画像 ハンリー マシュー
Hanley Matthew M.  教 授

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • ニューヨーク州立大学バッファロー校文学部英文学科 1977年卒業
      大学院
    • ニューヨーク州立大学バッファロー校大学院英文学修士課程
    • 1981年 文学修士号取得
    • ニューヨーク州立大学バッファロー校大学院英文学博士課程
    • 1995年 文学博士号取得
  • 研究室:日吉来往舎516号室(内線30229)
  • E-mail:mmh@keio.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:英語
  • 専門領域:英文学
  • 研究紹介:literature of empire; globalization, imperialism, and the postcolonial condition.
主要著作・論文
〔著書〕
 1.Representation of Empire in the Text of Rudyard Kipling, Ph. D. Dissertation, State University of New York at Buffalo, U. M. I. Dissertation Services, 1995. Hanley, Matthew M.(one-third), et. al., Experiences, Tokyo: 北星堂,1995。
〔論文〕
 2.「インド表象」宮尾洋史訳『キプリング大英帝国の肖像』東京,彩流社,2005年。
 3.「キプリング詩と韻文」橋本槇矩訳『ラドヤード・キプリング作品と批評』 東京,松柏社,2003年。
 4.“The Curator’s Spectacles: Surveying Ethnicity in Kim,”『 JIU GRADUATE SCHOOL BULLETIN』第3巻 第3号 1999年。
 5.“The Edwardian English Landscape and ‘An Habitation Enforced’,” 『JIU GRADUATE SCHOOL BULLETIN』第2巻 第2号 1998年。
 6.“The Location of The Third Man,”『JIU GRADUATE SCHOOL BULLETIN』第4巻 第1号 1996年。
 7.“Nietzsche’s The Birth of Tragedy,” Language and Culture No. 25,  1994.
 8.“The Vain Narrative of Vanity Fair,” Language and Culture No. 25,  1994.
所属学会・団体:
 The Kipling Society(London)
海外歴:
 2005─2006年,カリフォルニア大学バークレ校訪問研究員(Visiting Scholar, U. C. Berkeley)