画像 エンドウ マサヒロ
遠 藤 正 寛  教 授

【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学商学部 1991年卒業
      大学院
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程商学専攻
    • 1993年 商学修士
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程商学専攻
    • 1996年 単位取得退学
    • 2000年 博士(商学)
      他の学歴・経歴
    • 1996年4月─1999年3月 小樽商科大学商学部助教授
    • 1999年4月─2006年3月 慶應義塾大学商学部助教授
  • 研究室:三田研究室432号室(内線23246)
  • E-mail:endoh@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:国際経済学
  • 専門領域:国際経済学
  • 研究紹介:現在,グローバリゼーションと所得の関連を中心に研究を進めています。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『北海道経済の多面的分析―TPPによる所得増加への道筋』,慶應義塾大学出版会,2014年。
〔論文〕
 2.“Can a Regional Trade Agreement Benefit a Nonmember Country without Compensating It?” (with Koichi Hamada and Koji Shimomura), Review of International Economics, Vol. 21, No. 5, 2013.
〔著書〕
 3.『国際経済学』,有斐閣,2012年 (共著者:阿部顕三)。
〔論文〕
 4.“Cross-Border Political Donations and Pareto-Efficient Tariffs,” Journal of International Trade and Economic Development, Vol. 21, No. 4, 2012.
 5.“Quality of Governance and the Formation of Preferential Trade Agreements,” Review of International Economics, Vol. 14, No. 5, 2006.
〔著書〕
 6.『地域貿易協定の経済分析』,東京大学出版会,2005年。
〔翻訳〕
 7.森嶋通夫著,『経済成長の理論』,岩波書店,2005年 (共訳者:安冨歩,西部忠,武藤功)。
〔論文〕
 8.“The Effects of the GSTP on Trade Flow: Mission Accomplished?,” Applied Economics, Vol. 37, No. 5, 2005.
 9.“Is APEC Building Block or Stumbling Block towards Trade Liberalization?,” Robert M.Stern(ed.), Issues and Options for U.S.-Japan Trade Policies. Ann Arbor: University of Michigan Press, 2002.
 10.“The Transition of Postwar Asia-Pacific Trade Relations,” Journal of Asian Economics, Vol. 10, No. 4, 2000.
所属学会・団体:
 日本経済学会,日本国際経済学会,American Economic Association
海外歴:
 2001年3月,パリ政治学院客員教授(フランス)[Visiting Professor, Institut d’Etudes Politiques de Paris, France] 2003年8月─2005年8月,エール大学経済成長センター客員研究員(アメリカ)[Visiting Fellow, Economic Growth Center, Yale University, USA]