画像 シマダ ダイスケ
嶋 田 大 輔  助教(有期)(自然科学)

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 北海道大学理学部 2007年卒業
      大学院
    • 北海道大学大学院理学院自然史科学専攻
    • 2009年修士(理学)
    • 2012年博士(理学)
      他の学歴・経歴
    • 2009年-2014年 北海道ハイテクノロジー専門学校 非常勤講師
    • 2012年-2015年 北海道大学大学院理学研究院 専門研究員
  • 研究室:日吉研究室306A(内線33569)
  • E-mail:dsk-shimada@keio.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:生物学I・II (実習)
  • 専門領域:分類学,系統学,線虫学
  • 研究紹介:海岸の一握の砂の中には,顕微鏡サイズの微小な動物が無数に含まれています.しかし,その多くは産業的に無価値と考えられ,学術的な調査はほとんど進んでいません.私は微小動物の一群である線虫(センチュウ)を主な材料として扱い,野外での分布調査,新種や日本初記録種の報告,種内の遺伝的構成の調査などを通じて,本邦における微小動物の生物多様性の解明を目指しています.
主要著作・論文
〔論文〕
 1."Checklist of the subfamily Adoncholaiminae Gerlach and Riemann, 1974 (Nematoda: Oncholaimida: Oncholaimidae) of the world: genera, species, distribution, and reference list for taxonomists and ecologists," (単著) Biodiversity Data Journal Vol. 4(e6577), 2016
 2."First record of the free-living marine nematode Deontostoma magnificum (Timm, 1951) Platonova, 1962 (Nematoda: Leptosomatidae) from Japan," (共著) Nematological Research Vol. 45, 2015
 3.“Digitization of scholarly information. ZooDiversity Web: Realizing biodiversity through construction of a digital archive of Zoological Science articles,” (共著) The Journal of Information Science and Technology Association Vol. 65, 2015
 4.“Two new species of free-living marine nematodes of Adoncholaimus Filipjev, 1918 (Oncholaimida: Oncholaimidae: Adoncholaiminae) from Hokkaido, northern Japan, with a key to species and discussion of the genus,” (共著) Nematology Vol. 16, 2014
 5.“Free-living marine nematodes (Nematoda: Enoplida) from Rebun Island,” (単著) Reshiri Studies Vol. 33, 2014
 6.“A new species of deep-sea nematode, Micoletzkyia mawatarii sp. nov. from Northern Japan,” (共著) Species Diversity Vol. 17, 2012
 7.“Three new species of free-living marine nematodes from Northern Japan,” (共著) Species Diversity Vol. 14, 2009
所属学会・団体:
 日本動物学会,日本動物分類学会,日本線虫学会